金属のウクレレ

1927年 National String Instruments Corporationにより3つの共鳴板をTの字に繋いだブリッジを仕込んだ金属ボディのウクレレが発売されました。翌年にはシングルコーン(一つの共鳴板)のタイプが発売されました。

欲しい・・

作ってみよう 商品開発担当のRyuji Yamazaki 氏の提案でオリジナル金属ボディ リゾネーターウクレレを作りました。

1931年 ナショナルカタログより
ヘッドマークには独自プリント工法を採用しました。 
真鍮マイナスネジを採用 made in Japan
Body メッキは外注 ピカピカです
南国を想像させる仕上がりとなりました。
どこの弦を採用するかという事になり、当時の弦の復刻を諦めオリジナルのナイロン弦を作ることになりました。
弦のパッケージには表記をしませんが弦は信頼のあるイタリアの名門Aquila製の弦です。
ペグは1:1比率のノーマルタイプと、4:1 比率のドイツ製シャーラ―製ペグを採用しています。
(専用ウェブストアーは現在閉鎖しています)